ブログ アーカイブ

2012年10月1日月曜日

Wednesday Morning, 3 A.M/Simon & Garfunkel翻訳

19 Wednesday Morning, 3 A M, Simon & Garfunkel

Album:
Old Friends
Disc Number:
1
Track Number:
4
Audio File URL:
http://d8776bzuvg4y2.cloudfront.net/aoma/000/000/000/000/000/819/02/00000000000000081902-128K_44S_2C_cbr1x_clipped.mp3

I can hear the soft breathing
Of the girl that I love
As she lies here beside me
Asleep with the night
And her hair, in a fine mist
Floats on my pillow
Reflecting the glow
Of the winter moonlight
僕が大切に思うお前の低く穏やかな息遣いが聞こえる
彼女は僕の傍のこの場所で、夜の闇に包まれ眠っている
上品な髪の香りが冬の月の光の火照りを齎す僕の枕の周りに流れて来る

She is soft, she is warm
But my heart remains heavy
And I watch as her breasts
Gently rise, gently fall
For I know with the first light of dawn
I'll be leaving
And tonight will be
All I have left to recall
彼女は寛大だ、彼女は暖かい
けれども、僕の心は相変わらず物憂いまま
そして僕は、彼女の胸がゆっくり高くなり、沈むのを見守る
しかし、夜明けの最初の光と共に僕は去らなければならないから
今夜は全て思い出すがままに任せたい

Oh, what have I done,
Why have I done it?
I've committed a crime,
I've broken the law
For twenty-five dollars
And pieces of silver
I held up and robbed
A hard liquor store
ああ、僕は何て事をしたんだ
何故そんな事をした?
僕は罪を犯した
僕は25ドルと揃いの銀器の為に法を犯した
僕はけちな酒屋を襲い、盗んだ

My life seems unreal,
My crime an illusion
A scene badly written
In which I must play
Yet I know as I gaze
At my young love beside me
The morning is just a few hours away

僕の人生は非現実的で、
僕の犯罪は錯覚
僕が演じなければならなかった不味く書かれた或るシーンのような気がする
しかし僕の側の未だ初心(うぶ)な恋人を見詰めている内に
朝はほんの少し遠ざかる

15:40 2012/10/01月曜日



公明党神田興産と社民党鳥取県警高子の家は、屋根を重ねている。
明らかな建築基準法違反(米子市と総務省が認めている。)
DEODEO、鳥取県警、公安と共謀、私の家を壊し壁に装置を入れ、家中に亀裂と隙間を作って電流を私に流している。
福島瑞穂が直轄運営する「鳥居正宏のときどきLOGOS」に「破壊は一瞬」という記事を書き、田中派小沢一郎、鳩山邦夫、田中真紀子は、上杉隆のブログに「自宅破壊」と書かせた。

高子と神田興産が私のいる場所に向かって電流を流している。
神田興産には旗ヶ崎交番にいた若い警官、鳥取県警米子市警の生活安全課竹内が入っている。

総務省は、公明党と社民党に車両を提供し、恐喝脅迫強要
鳥取400
さ4-97左翼ナナ・・社民党
ち4-97致死急な・・公明党
か4-97仮死急な・・公明党
7「ナナ」・・私の服を着、私の靴を履き、私の名を名乗って私を貶めて歩く女