ブログ アーカイブ

2012年10月2日火曜日

Love Is Just A Four Letter Word/ Joan Baez翻訳

Joan Baez - Love Is Just A Four Letter Word (with lyrics)

Artist : Joan Baez
Songwriter: Bob Dylan
Song : Love Is Just A Four Letter Word

Seems like only yesterday
I left my mind behind
Down in the Gypsy Café
With a friend of a friend of mine
She sat with a baby heavy on her knee
Yet spoke of life most free from slavery
With eyes that showed no trace of misery
A phrase in connection first that she averred
That love is just a four-letter word
私が私の友達の友達と一緒に、そのジプシー酒場にすっかり心を奪われたのは、ほんの昨日の事のようだ
彼女は膝の上に重くなった赤ちゃんを抱いて座った
今なお奴隷制度から殆ど放免された暮らしについて弁じていたのに
零落の痕跡を少しも顔に出さない眼差しで、彼女が断言した「Loveは、単なる4っつのアルファベット」という最初の脈絡ある一言

Outside a rambling store-front window
Cats meowed to the break of day
Me, I kept my mouth shut,
To you I had no words to say
My experience was limited and underfed
You were talking while I hid
To the one who was the father of your kid
You probably didn't think I did, but I heard
You say that love is just a four-letter word
移動する店のフロントガラスの外で
猫が一日の夜明けにニャーと鳴く
私、私は口を閉ざしたまま
貴方に何を言ってよいか分からなかった
私の経験は乏しく、満足させられなかった
貴方の子供のお父さんだった人に秘密にしていたのに
貴方は喋っていた
貴方はおそらく私が喋ったと思わなかった
けれども私は噂に聞いた
「Loveは、単なる4っつのアルファベット」と貴方が言っているというのを

I said goodbye unnoticed
Pushed forward into my own games
Drifting in and out of lifetimes
Unmentionable by name
After searching for my double, looking for
Complete evaporation to the core
Though I tried and failed at finding any door
I must have thought that there was nothing more
absurd
Than that love is just a four-letter word
私自身の計略に前に押されては、終生、漂い流されながらも
私はそっと分かれを告げた
私はどんな道を見つけても、試みては失敗したけれども
徹頭徹尾消失を期待し、私の代役を探した後、名指しで口にすべきではない
「Loveは、単なる4っつのアルファベット」という言葉程愚かしい事は何一つない
と私は考えざるを得なかった

Though I never knew just what you meant
When you were speaking to your man
I could only think in terms of me
And now I understand
After waking enough times to think I see
The Holy Kiss that's supposed to last eternity
Blow up in smoke, its destiny
Falls on strangers, travels free
Yes, I know now, traps are only set by me
And I do not really need to be assured
That love is just a four-letter word
私は貴方が実際何を考えているのか分からなかったけれども
貴方は貴方の恋人に話していたのに、私は私の立場で考えていただけかも知れなかった
今なら私は分かる
考えるに足りる歳月に目覚めた後、
損なわれない永久不変の真理だと思われる愛の言葉に私は気付く
煙と消えるその運命
他人になり身軽に生きる
そう、今は分かる、罠は、只、自分によって仕掛けられる
実際私は、
「Loveは、単なる4っつのアルファベット」と断言する必要は全くない

Strange it is to be beside you, many years the tables turned
You'd probably not believe me if told you all I've learned
And it is very very weird, indeed
To hear words like "forever" plead
though ships run through my mind I cannot cheat
it's like looking in a teacher's face complete
I can say nothing to you but repeat what I heard
That love is just a four-letter word.
形勢が逆転したのに、長い歳月貴方の傍にいるのは予想外
もし私が知った事を貴方に悉(ことごと)く話したら、貴方はおそらく私を信頼しようとしなくなる
それに、言い訳にする「何時までも」のような言葉を聞くのは、実際とてもとても妙
誤魔化せない私の気持ちに、喩え船が突き抜けても、完全に教師面に見えそうだ
何も貴方に言えないだけでなく、私が耳にした「Loveは、単なる4っつのアルファベット」を繰り返すだけ

14:29 2012/10/02火曜日


今講談社は勝部と公明党神田興産に入っています。

公安と鳥取県警は勝部に入って、コカイン、覚醒剤せいぞう吸引、毎日売春用に若い女と、見るからに荒んだ女を不正介護士として入れています。
私を養和病院に不正措置入院させ、大阪府警に逮捕させ、現在まで窃盗、殺人、殺人幇助を繰り返しています。
公安と鳥取県警は
「ゲーム感覚でやっているんだわ」
「今度は近所のみんなで囲んでほんとの気違いにしてあげる・・」
「これは止めないのが鉄則だ」と言いながら、性器、肛門を切ります。
「子供に神田興産の事を言ってみろ。刑事罰でも何でも・・・」
「尻はどんどん下げる事あっても上げる事はない」米子市警生活安全課・男性警官
「こんな事を毎日すれば骨盤から何から皆駄目になる」米子市警生活安全課・男性警官
米子市警生活安全課竹内は、毎晩勝部に入り、勝部の妹とsexをしている声を聞かせ、講談社の編集者や公明党の議員は勝部の妹とお風呂に真夜中大声を上げて入っている。
米子市と中国電力は、勝部の水道代と電気代を私の母に払わせている。
「何を言い募る」というのが彼らの口癖。
「はい、生活安全課今日の仕事は火傷4発!!」
「はい終わり、はい止めとけ」
「刺激装置で汗をかかせて電気代を使わせて骨を駄目にするんだ」米子市警若い女警官
「あああ、私らは投稿、お前にはどんなサイトも見せない」米子市警若い女警官
「どんどん攻撃して死んでもらうという事だ」
木村と勝部は昨夜、喉を切り、血が出ています。
勝部と中村は、お風呂に入っている時、4箇所を火傷させています。
「音声を止めたら、今後殺す為にだけやらせて貰う。
真夜中12時過ぎ高子鳥取県警の家から今年4度目の工事の音がしています。
電流が流れないようにアルミホイルを買って置きました。
しかし丸ごと未使用の物を大阪大学医学部が盗んでいます。
「どうせお前のブログなんか公開してないんだ」