ブログ アーカイブ

2012年9月25日火曜日

Overs/Simon & Garfunkel 翻訳

Simon & Garfunkel - Overs
OversSimon & Garfunkel - Overs

Paul Simon

Why don't we stop fooling ourselves?
The game is over,
Over,
Over.
何故自分を偽るのを止めない?
ゲームは終わった
終わり
終わり 

No good times, no bad times,
There's no times at all,
Just The New York Times,
Sitting on the windowsill
Near the flowers.
花の近くの窓台に腰掛けていると
どんな良い時間も、どんな酷い時間もなく
どうせ時間なんてないに等しい
それがニューヨーク時間

We might as well be apart.
It hardly matters,
We sleep separately.
僕達は分かれたも同然かも知れないね
二人が別々に眠る事は、先ず重大事ではない

And drop a smile passing in the hall
But there's no laughs left
'Cause we laughed them all.
And we laughed them all
In a very short time.
玄関のホールを通り過ぎながら、微笑みをこぼしても
どんな気休めにもならない
何故なら、僕達はそれを全く無視したから
そうして実に性急に、僕達はその全てを一笑に付した

Time
Is tapping on my forehead,
Hanging from my mirror,
Rattling the teacups,
And I wonder,
How long can I delay?
We're just a habit
Like saccharin.
時は
僕の額の上で足踏みしている
僕の鏡にぶら下がり
ティーカップをガタガタ言わせる
一体僕は、どのくらいの猶予が許されているのだろう?
二人の関係には、サッカリンのような嗜癖がある

And I'm habitually feelin' kinda blue.
事実、僕は何時も絶望に似た思いに駆り立てられる

But each time I try on
The thought of leaving you,
I stop...
I stop and think it over.
けれども、君と分かれようと決意する度に
僕は留まる
僕は、留まり、その事を考え抜く

13:07 2012/09/25火曜日



このサイトは、盗撮盗聴・脳内覗き見サイトです。
翻訳を盗む三省堂、ソニー、NHK、新潮社等の翻訳者が出しているサイトです。
やさしい「The Beatles入門」は私がBeatlesを初めて翻訳した時にはありませんでした。
翻訳を盗んでは、記事を入れています。
Simon & Garfunkel「Overs」20122/12の記事のキャッシュが2012/9/6です。
キャッシュの日付は、上杉隆と韓国企業Livedoorが改竄してから改竄可能になりましたが、一定期間内になっています。
http://beatles.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/02/simon_garfunkel.html
キャッシュ・・2012/9/6
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:pacImAElk8IJ:beatles.blog.ocn.ne.jp/blog/2010/02/simon_garfunkel.html+&cd=2&hl=ja&ct=clnk&

http://wasure71.blogspot.jp/2012/06/beatleslet-it-be.html
Let it be
それでいい
Mother Mary comes to me
Speaking words of wisdom
Let it be.
「Let it be」の
この部分の翻訳と意味が分かっていません。
Let it beは
私が翻訳するまで
「あるがままに」で統一されていました。
しかし、それでは他の翻訳との言葉の関係が上手く行かないので、私は、
「それでいい」と訳しました。
私は人の翻訳を参考にする事はありません。
全て誤訳だからです。

実際には、「あるがまま」も「それでいい」も同じ意味ですから、人の翻訳を盗んでまで変える必要のない事です。
翻訳者達の無知蒙昧による改竄です。
誤りは、部分的なものではなく、この詩の意味を全く理解出来ない泥棒が翻訳者として罷り通っている事です。

「ビートルズ全詩集」内田久美子訳
あるがままに
何事もあるがままに
無理に変えようとしてはいけない
今は堪え忍ぼう
このままそっとしておこう・・内田久美子はもろに盗んでいます。
最も悪質な翻訳者です。
内田久美子の翻訳が、昨年から一変しています。

(内田久美子 訳)

そのまま・・間違いなく盗んでいます。
(福田昇八 訳)
「Let It Be」

なすがままに・・間違いなく盗んでいます。
山本安見は、Queenの翻訳も昨年末から今年にかけて改竄、私の買ったCDの歌詞カードを泥棒に入って、入れ替えています。
山本安見 訳

ソニー、東芝の全翻訳者は泥棒です。
内田久美子、山本安見は、米子市に常駐、性的虐待、肉体的虐待、家宅侵入、印刷物を盗み、ブログに侵入して改竄削除を繰り返し、既に売られたものまで歌詞を改竄しています。