ブログ アーカイブ

2012年9月28日金曜日

Cloudy/Simon & Garfunkel翻訳

Simon & Garfunkel - Cloudy


CLOUDY LYRICS

Album:
The Columbia Studio Recordings (1964-1970)
Disc Number:
3
Track Number:
3
Audio File URL:
http://d8776bzuvg4y2.cloudfront.net/aoma/000/000/000/000/000/789/31/00000000000000078931-128K_44S_2C_cbr1x_clipped.mp3

Cloudy
The sky is gray and white and cloudy,
Sometimes I think it's hanging down on me
And it's a hitchhike a hundred miles
I'm a rag-a-muffin child
Pointed finger-painted smile
I left my shadow waiting down the road for me a while
雲のよう
空は黄昏れ青白く曇っている
時に僕は、雲が僕にのしかかっているように感じる
そして雲は100マイルのヒッチハイクをする
僕は、指で描かれた笑顔を指差したマフィンの欠片のような未熟者
僕は、しばらく道に沿って待ち受ける僕の暗い影の為すが侭に任せた

Cloudy
My thoughts are scattered and they're cloudy,
They have no borders, no boundaries
They echo and they swell
From Tolstoy to Tinker Bell
Down from Berkeley to Carmel
Got some pictures in my pocket and a lot of time to kill
雲のよう 
思いは乱され、晴れ晴れとしない
それに領域はない、それに境界線はない
僕の懐にはちょっとした景色と駄目にするための多くの歳月が入れてあるから
それは繰り返され、思いが募る
トルストイからティンカー・ベルまで
バークレイを下って、カーメルまで

Hey sunshine
I haven't seen you in a long time.
Why don't you show your face and bend my mind?
These clouds stick to the sky
Like floating questions, why?
And they linger there to die.
They don't know where they are going, and, my friend, neither do I.
おや、太陽
長年、僕は貴方に気付かなかった
何故貴の顔を見せない、それに僕の心を歪めない?
何故という疑問を浮かべるように、空に雲が留まる
それは消える為に其処でぐずぐずしている
それが何処に行こうとしているのか、分からない、そう、僕の友よ、僕もさ

Cloudy,
Cloudy.
雲のよう 
雲のよう 

15:29 2012/09/28金曜日